Bar Pálinkaの始まり

2019年、Bar Pálinkaのプロジェクトが始動したのは僕達が初めて集まった時だった。
バーテンダー、プロダクトデザイナー、グラフィックデザイナー、マネージャーの平均年齢25歳の4名は共にooooo, LLCという会社を2019年4月に立ち上げた。
それが始まりであった。

「面白い!と思わせる事をしたい」純粋なその気持ちがこの途方もない計画を実行させ、
「絶対に、面白い」という根拠のない自信がここまでの険しい道のりを絶えず後押ししてくれた。
物件を探し、戦略を練り、資金繰りを考え、バーに関わる細部に及ぶすべてをデザインし、作り込み、完成させていく事は、決して簡単なことではなかった。
しかし、何よりも代えがたい経験を得て、会社設立1年目としてのメインプロジェクトをローンチする事ができた。

ただ、お酒を飲む場所がバーではない。
ただ、パーリンカという珍しいお酒が置いてあるだけではない。
ただ、神楽坂にあるお洒落な内装のお店ではない。
如何にして僕達がBar Pálinkaを考え、デザインし、作り上げ、開店まで至ったのか、その「ストーリー」を綴っていく。


プロダクトデザイナーの宮田と検証中のバックバーの画